[115] 伐採量に準じた徴税

ニュージーランドでは森林所有者に対し、収穫時、その収穫量に対して一律に1トンあたり約20円が信託機関より課税される。
続きを読む [115] 伐採量に準じた徴税

[114] NZの気候(vs日本)

6月に入ると、ニュージーランドは陰鬱な季節になる。低温多湿なため体感温度も低くなりがちで、さらにひどいことには、この国では6月初旬から10月下旬まで祝日(つまり連休)すらない。
続きを読む [114] NZの気候(vs日本)

[113] スギとラジアータの競合

スギとラジアータパインが、輸出丸太市場でも日本国内市場でも競合している。
続きを読む [113] スギとラジアータの競合

[112] 由々しき枝打ち実施状況

ニュージーランドの近年の枝打ち実施状況が望ましくない傾向にあるので、自身への覚え書きとしても、ここで警笛を鳴らしておきたい。
続きを読む [112] 由々しき枝打ち実施状況

[111] 森林作業中の死亡事故

その作業の性質上、林業が危険をともなう仕事であることは言うまでもないが、2017年、ニュージーランドでは7件の死亡事故が報告された。
続きを読む [111] 森林作業中の死亡事故

[110] 林業とは (3)

日本の「森林経営管理法案」に関する幾つかの知見に触れ、無暗に「林業とは?」という大きなタイトルで始めてはみたが、うまくまとめらず困っている。
続きを読む [110] 林業とは (3)

[109] 林業とは (2)

「森林の公益的機能」。林学履修者や林業に携わる者にとっては馴染み深い用語であり、それ以外の人々にとっても、イメージとして常に持ち合わせている感覚だろう。
続きを読む [109] 林業とは (2)

[108] 林業とは (1)

林業の核となる作業は「木を植える→育てる→伐る→また植える」でよいだろう。加えて、産業・事業として捉えるならば、これで収益を上げるために「(かかったコスト以上の値段で)売る」作業も不可欠となる。
続きを読む [108] 林業とは (1)

[107] ラジアータパインの育種

ニュージーランド林業の育種は循環選抜である。すなわち、種の選抜と交雑を繰り返して、優良遺伝子を集積するのが狙いだ。
続きを読む [107] ラジアータパインの育種

[106] 植林活動への補助金

日本の林業と補助金は切っても切り離せない関係にあるが、ニュージーランド林業には原則として補助金はない。
続きを読む [106] 植林活動への補助金