[108] 林業とは (1)

林業の核となる作業は「木を植える→育てる→伐る→また植える」でよいだろう。加えて、産業・事業として捉えるならば、これで収益を上げるために「(かかったコスト以上の値段で)売る」作業も不可欠となる。
続きを読む [108] 林業とは (1)

[107] ラジアータパインの育種

ニュージーランド林業の育種は循環選抜である。すなわち、種の選抜と交雑を繰り返して、優良遺伝子を集積するのが狙いだ。
続きを読む [107] ラジアータパインの育種

[106] 植林活動への補助金

日本の林業と補助金は切っても切り離せない関係にあるが、ニュージーランド林業には原則として補助金はない。
続きを読む [106] 植林活動への補助金

[105] クライストチャーチ

久しぶりに週末をクライストチャーチで過ごし、53,447歩を歩く。
続きを読む [105] クライストチャーチ

[104] 十億本植林計画

昨年10月に発足したニュージーランドの新連立政権は、林業・林産業へのサポートに前向きな姿勢を前面に出しているが、そのひとつが「十億本植林計画」だ。
続きを読む [104] 十億本植林計画

[103] NZの丸太輸出 2017

2017年のニュージーランド丸太輸出は、量・額ともに最高値を記録した。
続きを読む [103] NZの丸太輸出 2017

[102] 「中国で構造材可能」記事

「中国で日本のスギ・ヒノキ・カラマツが構造材として使えるようになる。」との記事を読む。「『木造軸組工法』も認められた。」とも。
続きを読む [102] 「中国で構造材可能」記事

[101] スギ in NZ

ニュージーランドにおいてスギ(Cryptomeria japonica)が最も活躍している場は、木材生産用途ではなく、境界林・防風林としてだと思う。
続きを読む [101] スギ in NZ

[100] スギ丸太は安い?高い?

とある場で、スギ丸太の値段が話題に。曰く、スギ中丸太の価格は1960年頃のそれに戻っていると。ということは、物価はその間で5倍以上になっているので、スギ丸太の実質的な価値は1/5以下になっていることになる。
続きを読む [100] スギ丸太は安い?高い?

[099] ラジアータパイン以外

森林評価などで入る現場にラジアータパイン以外の林分があると、自然とテンションがあがるのは私的「あるある」。
続きを読む [099] ラジアータパイン以外